スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国民vs大メディア権力(かず)

日本人を標的に憎悪を煽っているレイシスト・植村隆の主張を垂れ流す大メディア権力。
 
 
【慰安婦をめぐる損賠訴訟】櫻井よしこ氏ら請求棄却求める 植村隆氏は「私を標的に憎悪を煽った」
『「慰安婦記事を捏造(ねつぞう)した」などの指摘で名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者の植村隆氏が、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と新潮社などを相手に計3300万円の損害賠償と謝罪記事の掲載などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。櫻井氏らは請求棄却を求める答弁書を提出し、争う姿勢を見せた。
 植村氏は意見陳述で、慰安婦報道をきっかけに自身の娘らに脅迫があったとして「胸を刺されるような痛みを感じ、涙がこぼれてくる」と訴えた。そして、平成26年に週刊新潮などが掲載した櫻井氏の論文に事実誤認があったとして「私の記事を標的にして捏造と決めつけ、私と朝日新聞に対する憎悪をあおった」と主張した。
 これに対し櫻井氏は、植村氏が平成3年8月11日付の記事で、元慰安婦が「女子挺身(ていしん)隊の名で戦場に連行」と報じた後、だまされて慰安婦にされたことが判明しても記事を訂正しなかったと指摘。「事実とは異なることを書き、意図をもって訂正しなかったとすれば、それを捏造記事と評したことのどこが間違いか」と反論した。』
http://www.sankei.com/politics/news/160422/plt1604220059-n1.html
 
>胸を刺されるような痛みを感じ、涙がこぼれてくる
 
自分が垂れ流してきた事実無根の差別記事の所為で、どれだけ多くの日本人が差別され、不利益を被り、精神的にも肉体的にも傷付いてきたか。自分が犯した大罪を償おうとしない鬼畜レイシスト植村隆。
日本国民は植村隆にメッタ刺しにされたも同然です。
 
 
 
【慰安婦をめぐる損賠訴訟】植村氏記者会見詳報「産経新聞の櫻井さんのコラム…許されない」
『14年10月といったら、激しく北星がバッシングされて大きく揺れている時期です。 同じ時期の週刊文春には、櫻井さんは西岡力さんと対談されて、「社会の怒りを掻き立て、暴力的言辞を惹起しているものがあるとすれば、それは朝日や植村氏の姿勢ではないでしょうか」。
 これは、あおり行為だと思います。
 本来なら、そういうことすべきではないというべきにもかかわらず、植村や朝日の姿勢があるから、こんな問題が起きるんだと…。こういうことが非常に許せないし、こういうことが暴力的な言質を誘発しているのではないかと、私は思いました。(本日は)そういうことを説明しました。
 今回の裁判は、いわれなき汚名を晴らし、個人の表現の自由、学問の自由を守るための法的な戦いであります。私は捏造記者ではないということを法廷で、きちんと説明していきたいと思う。
 ひとつ強調したいことがある。
 『植村バッシング』は、私だけの問題ではない。リベラルなジャーナリズムに対する不当な攻撃であり、それはいつ、皆さんに襲いかかるかわからないのです。
 植村バッシングが一昨年激しかったとき、多くのメディアが萎縮しました。北星学園脅迫事件も、新聞で表面化するときに数カ月ぐらいかかりました。慰安婦問題のような加害の歴史を報じることが大変なリスクだということが若い記者たちの頭に刻みこまれてしまった。これは非常に危険なことだ。歴史の暗部を見つめようとする行為に対して、それをさせないでおこうという勢力が日本でうごめいている。そういう人との闘いでもあります。
 この裁判は私1人の問題ではありません。現在、そして未来の記者たちが記事を書いたということで、いわれのない攻撃をうけない戦いです。
 昨年の東京での提訴の会見の際、新聞労連の新崎盛吾さんが、こう訴えてくれました。
 「植村さんの訴訟を新聞労連として支援するということでないか。組織の中で書いた記事が辞めた後に問題にされる危険性は今後ますます強くなっていくと思う。みなさん一人一人の問題にもなると思う。表現の自由をしっかりと守る立場から、このような人権侵害の攻撃は絶対に認められない」
 私はこの言葉をかみしめながら裁判に臨んでいます。みなさん、どうぞよろしくお願いします。』
http://www.sankei.com/affairs/news/160423/afr1604230009-n1.html
 
>これは、あおり行為だと思います
 
これは、植村自身が撒き散らすヘイトスピーチの解説ですね。
日本人に対する不当極まりない差別を煽っています。
 
 
>植村や朝日の姿勢があるから、こんな問題が起きるんだと
 
紛れもない事実です。
 
 
>こういうことが非常に許せないし、こういうことが暴力的な言質を誘発している
 
日本人を差別する記事を垂れ流してきた植村隆や朝日新聞などの大メディア権力が非常に許せないし、こういう大メディアが日本人に対する差別的で暴力的な言質を誘発している
 
 
>いわれなき汚名を晴らし、個人の表現の自由、学問の自由を守るための法的な戦いであります
 
日本人を差別するレイシスト、個人の表現の自由を奪うファシストが、被害者や正義の味方を装う事に憤りを覚えない人が居たら、その人の人権意識は低過ぎます。
植村隆や朝日新聞などの大メディア権力こそ、日本人の汚名をそそぐ義務、個人の表現の自由を守る義務、学問の自由を守る義務があります。
 
 
>リベラルなジャーナリズムに対する不当な攻撃であり、それはいつ、皆さんに襲いかかるかわからないのです
 
リベラルなジャーナリズム? 極右レイシズムの間違いですね。
植村隆や朝日新聞などの大メディアには、国内外の出来事を分け隔てなく、そして都合よく脚色する事なく報道するジャーナリズムではなく、売国権力や海外の権力者の意に沿って、日本人を不当に攻撃するレイシズムしかありません。
日本国民は、植村隆や大メディア権力による不当な攻撃の被害者です。
 
 
>植村バッシングが一昨年激しかったとき、多くのメディアが萎縮しました
 
大メディアによる政府バッシングが激しく、政府を支持する多くの国民が委縮しています。
 
 
>慰安婦問題のような加害の歴史を報じることが大変なリスクだということ
 
慰安婦強制連行のような売国権力・特定アジア・連合国による歴史捏造の事実や、大メディアによる虚報の歴史を報じることは日本のメディアに大変なリスクだということ
 
 
>歴史の暗部を見つめようとする行為に対して、それをさせないでおこうという勢力が日本でうごめいている。そういう人との闘い
 
大メディアを始めとする売国権力や連合国、特定アジアの暗部を見つめようとする行為に対して、それをさせないでおこうという勢力が日本でうごめいている。そういう人との闘い
 
 
>いわれのない攻撃をうけない戦いです
 
我々日本国民は、この国を牛耳る大メディア権力から、いわれのない攻撃を受けない為に、徹底抗戦しなければなりません。
 
 
>新聞労連の新崎盛吾
>植村さんの訴訟を新聞労連として支援するということでないか
 
まさに、日本国民vs大メディア権力です。
 
 
>表現の自由をしっかりと守る立場から、このような人権侵害の攻撃は絶対に認められない
 
これは、我々が植村隆や朝日新聞などの大メディア権力に対して、声を大にして言うべきセリフです。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんのコメント1つ1つに激しく同感です。多すぎて全部指摘できない程に。
在外邦人への不当なバッシング、名誉回復は一切行わないどころか、不当なバッシングや誹謗中傷をさらに推し進めようという、このネトウヨ憎しで結成された感情的な極右レイシズム団体。こんなものを無批判に取り上げるメディアはジャーナリストではない、単なるファシズム権力の犬です。
だいたい、こいつらの金と権力の凄さ、そしてたったこんな会の立ち上げだけで記者会見を開ける大メディア権力との癒着、全てにおいて、ちょっと考えれば、こいつらこそが悪辣な権力そのものであり、この国を支配しているというのは一目瞭然なんですけどね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。