スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に「報道機関」「ジャーナリズム」は存在するのか?(かず)

朝日新聞社や毎日(変態)新聞社を始めとする差別主義丸出しのマスコミ権力を、日本国民は大大的に批判し、不買運動などありとあらゆる合法的な手段を駆使して、一刻も早く倒産・廃業に追い込むべきだと僕は思っています。
 
ただその一方で、朝日や毎日の様な反日レイシズムメディアではないものの、「上から目線」の傲慢さが垣間見え、報道機関でありながら伝えるべき事をきちんと伝えず、反日全体主義に流されるかたちで、あるいは「反権力」を履き違えて、日本政府をバッシングし続ける右派?マスコミに対しても、鉄槌を下すべきだとも思っています。
 
以下の記事は、鉄槌を下すべきマスコミである扶桑社と産経新聞社のものです。
 
【佐藤優の人生相談】安保法制が整っても何も変わりません
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20151025/zsp1510251000001-n1.htm
 
平和安全法制は戦争を抑止する為、衝突を回避する為に必要な法律なのですが、タイトルからは論者や企画に関与した人間達の悪意や低劣さしか伝わってきません。
そもそも、「辺野古基金」に協力するなど反日レイシストに加担している人物である、というか反日ロビイストと言っても何ら過言ではない佐藤優に人生相談するという発想が僕には理解出来ません。
 
>おじいちゃん子(ペンネーム) 会社員 男性40歳
>集団的自衛権の解釈を閣議決定だけで変更したりするやり方には賛同できません。佐藤さんと池上彰さんの『新・戦争論』から、安保法案に多くの矛盾点があることにも気づかされました。
 
佐藤優と池上彰に簡単に洗脳され、更には糞マスコミの糞企画に応募してしまう極めて残念な御方(架空の人物である可能性も)に、以下の記事の内容が理解出来ますかね。
外国政府や反日売国レイシストの広報宣伝機関と化しているマスコミ権力が実質的に日本の言論を支配し、憲法改正を主張する人々の声が黙殺・隠蔽され、日本人の民族性なども相俟って憲法改正が極めて困難であるという現状すら理解出来ていない人間に、何を言っても無駄かも知れませんが。
 
【ニッポンの新常識】安保法案「違憲」と叫ぶ面々 中国にとっては最高の援護に K・ギルバート氏
『1946年、当時の吉田茂首相は国会で「日本は憲法第9条で、自衛のための軍備と自衛戦争の両方を放棄した」と答弁した。極めて素直な条文解釈であり、新憲法制定時の第9条は確実にこの趣旨だった。
 マスコミが積極的に報じないので意外と知られていないが、日本の憲法学者の多くは、今も自衛隊違憲説である。彼らに安保法案の合憲性を尋ねる意味は最初からない。
 ちなみに、この吉田答弁を受け、共産党議員から「自衛戦争は放棄しておらず、侵略戦争だけを放棄したと解釈すべきだ」との正論が出たというのだから、歴史は実に面白い。
 50年に朝鮮戦争が勃発すると、吉田首相は「第9条は自衛権を放棄していない」と、当初の憲法解釈を一転させ、のちの自衛隊の整備を始めた。日本は占領下だからGHQの意向でもある。
 現在、安保法案反対派の多数意見は「自衛隊は合憲だが、集団的自衛権は違憲」なので、50年の解釈変更は容認していることになる。歴史的大転換の解釈変更は認めるが、今回の解釈変更は認めないとは、見事なダブルスタンダード(二重基準)である。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150808/dms1508081000004-n1.htm
 
>佐藤優
>安保法制を手放しで支持できないのは、この法制を濫用して自衛隊を個別的自衛権と関係なしに地球の裏まで送ることを考えている外務官僚と自民党の国会議員がいるからです。
 
反日レイシストやレイプ憲法崇拝者は大体こういう主張をしますが、この主張を裏付ける確固たる証拠、明確な根拠を一度たりとも見聞きした事がありません。
つまり、自分勝手な願望に基づいて、あるいはネガティブキャンペーンの一環で、上記の様な誹謗中傷を繰り返しているんです。
 
こんな誹謗中傷を平気でする佐藤優を含む反日レイシストや、レイプ憲法崇拝者らを連載コラムに起用したり、記事の信憑性を補強する為の道具として重宝する右派?マスコミも、差別主義丸出しの反日マスコミと共に消滅した方が良い気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。