スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の福島差別を棚に上げて、ネットユーザーを叩く朝日新聞(かず)

福島差別を展開している朝日新聞が、いけしゃあしゃあとこんな記事を掲載しています。
自分達が展開しているヘイトスピーチは棚に上げて、利用できるものは何でも利用する大メディア権力。
 
 
「踊らされすぎ」 カンニング竹山さんが見た不謹慎狩り
『熊本地震発生後に、ネット上で起きた「不謹慎狩り」。東日本大震災以降、福島をたびたび旅行しツイッターによる報告を続けているお笑い芸人のカンニング竹山さん(45)は2012年に、「不謹慎狩り」に似た経験をしました。
     ◇
■福島の野菜を買ったら「炎上」
 
 2012年2月に、後輩芸人3人とプライベートで福島に行きました。レンタカーを返したら、横にイトーヨーカドーがあったので弁当を買おうと思って入ったら、地元応援コーナーがあって福島の地元の野菜を売っていた。それで、野菜を買ったんですね。単純に安かったですしね。それを普通に、「地元の野菜を購入して福島旅行は終わりました。地元野菜コーナー、バンバン売れてました」とツイートしたら、批判が殺到した。
 「何で危ない食品を紹介してんだ」「福島なんか行ってんじゃんねーよ」「危ない所に行って、何大丈夫だって言っているんだ」って、真実も何もないことばっかりだった。ほかにも「何にも知らないくせに拡散してんじゃねーよ」「何間違ったことやっているんだ」「芸人が余計なことしてんじゃねーよ」とか、いろいろありました。
 イラッときましたよね。芸人だからこんな風に言われるのか、とも思いました。こんな反応がくるとは思っていなかった。ここまでバッシングするのか、正しい情報をみんな知らないんだ、と思った。あなたたちがおっしゃっていることは、行き過ぎですよ、と思った。
 当時、ツイッターでそういう反応されるのが初めてだったので、僕も結構強い口調で返したんですね。「福島に住んでいる人のことも考えもせずにそんなこと言ってんじゃねー」「適当なこといってんじゃねー」という感じで。それが火に油を注いで、炎上しちゃった。』
http://www.asahi.com/articles/ASJ4X6RXZJ4XUTIL03V.html
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『竹山のこれまでの発言には全く賛成できないものも多かったですが、この発言自体はほぼ賛成です。しかし仰るように、散々放射能恐怖の捏造を繰り返し、福島差別に加わってきた朝日がこれを掲載するのは完全な矛盾です。
私も前にFBで、福島産の桃を食べた、という写真付記事をアップしましたが、朝日からあれを使わせて欲しいと依頼されても拒否しますね。その前にお前らが福島差別をやめろ、と。
ちなみに、朝日も明確な不謹慎狩りはしていなくても、震災直後は紙面は自粛ムードだったでしょう。子会社のテレビ朝日も、震災直後は震災のがれきの映像ばかり流し(その裏では例のような迷惑行為が)、CMも同じようなもの(ACでしたっけ?)ばかりでした。そうやって震災直後にそれ以外の話題をしにくい空気を作るという、不謹慎狩りに近いことを自分達もやっているくせに、この竹山の発言で利用しようとしているのは、「ネット叩き」ですよね。ネットへのネガティブキャンペーンをずっと続けている。それだけ朝日にとってネットが都合の悪い存在な訳ですが、都合の悪い存在を消すためのプロパガンダを延々と続ける様子は、まさにファシストです。』
 
 
太一さんのコメント
『「不謹慎狩り」のような揚げ足取りって、そもそも日本のメディアの政府への揚げ足取りの手法を、一般人が真似している訳ですよね。散々そういう露骨な揚げ足取り報道ばかり毎日見てきたために、そういう「親」に教育を受けてきたために、他者批判する際にそういう癖がついている。ネット上のあらゆるくだらないバッシングは全て、朝日などの巨大メディア権力を見習ってのものですね。
みのもんたが、子供の不祥事で叩かれたことを根に持って、「ネットは叩くだけじゃなくて徹底的に叩き潰すのが嫌い」みたいなことを言っていたらしいですが、それもまさに、巨大メディア権力の手法を見習ったものですよね。海外のメディアは口だけは日本以上に悪くても、日本ほど執拗に粘着質ではないでしょう。ネット民は生まれてからずっと巨大メディア権力という、親や先生以上に影響力の大きいものからずっと教育を受け続け、そういうやり方が骨の髄まで身に付いている訳です。』
 
 
僕のコメント
『zakzakにはこういう記事がありました。メディア業界に携わる人間達が、自分達の横暴を棚に上げて庇い合う姿には反吐が出ます。
 
【芸能ニュース舞台裏】言葉に深み感じる高良健吾 行定勲監督は熊本地震の取材陣にも同情
「熊本地震をめぐる報道では、メディアの人間も弁当の写真をツイートしてたたかれたりした。
 映画「うつくしいひと」のチャリティー上映会に出席した行定勲監督(47)が出身地の熊本入りした際の様子を「いらだっています。みんな疲れている」と報告し、取材陣に次のように同情した。
 「キャスターもアナウンサーも寝ていない。一瞬(の行動)で否定されてしまうことは腹立たしい」とかばい、「お互いに思いやることが大切」と呼びかけた。」
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160430/enn1604301528013-n1.htm』
 
 
太一さんのコメント
『「全く反省してない」というのがよく分かりますね。産経系もこういう時に「メディア界擁護」という愚行に加わることは多いですね。
それにしてもメディアって反省しないですよね。自己弁護か責任転嫁しか考えていない。奴等が「日本は過去の歴史を反省すべきだ」などと言っているのが、「自国の歴史を反省」という意味ではなく、「他人事で嫌いな奴に反省させる」という意図でやっている証拠です。だって自己反省できる人間であれば、メディアの失敗もきちんと反省できるはずですから。』
 
 
僕のコメント
『本当に反省しているなら、国民に対して価値観を押し付けるニュースや論評を垂れ流しませんし、ナチス顔負けの悪質極まりない情報操作は絶対にしません。メディアに携わる人間は何一つ反省していないばかりか、どんどん醜悪化しています。』
 
 
太一さんのコメント
『本当に反省するどころか、表面的な反省や謝罪すらしないですよね。この2つの記事のように強弁でネット叩きに転嫁してみたり、もう傍若無人の限りを尽くしていますね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。