スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人種差別、人権侵害、言論弾圧 ナチズム全開のメディアと司法(かず)

1/3【特番】葬られたのか?! NHK の大罪[桜H28/5/7]
https://youtu.be/NiwTh-eeycg?list=PLubSbhcjV7IARkTE43SQvgzmlYs0gXcUw
 
台湾人や日本人を徹底的に差別し、人権を侵害し続けるNHKという大メディア権力を、基本的人権の侵害、知る権利の侵害、言論の自由の侵害、集会の自由の侵害などで、繰り返し訴えるべきです。
またNHKのみならず、原告(被害者)である台湾人の声を蔑ろにし、人種差別を実質的に肯定した最高裁判所(司法)も、基本的人権の侵害などで訴えるべきです。
大メディア権力や法曹権力の所業は、紛れもなく憲法違反です。
 
 
 
『番組「アジアの“一等国”」の内容がパイワン族の出演者・高許月妹さんへの名誉毀損に当たると断じた高裁判決を不服として上告した NHK 側は、法曹界に少なからぬ影響力を持つと言われる長谷部恭男・早稲田大学教授による意見書を提出しており、そして上告理由として、「民族蔑視がすなわち高許月妹さん個人を侮辱したことにはならない」「過去の歴史を論じるのにこのような足枷があっては、言論・報道の自由を守れない」などと述べました。』
http://www.ch-sakura.jp/topix/1054.html
 
長谷部恭男は平和安全法制を違憲だと主張し、大メディア権力が重宝したレイシストです。
 
 
>民族蔑視がすなわち高許月妹さん個人を侮辱したことにはならない
 
「民族蔑視」と言う事はNHKや長谷部恭男らは台湾人を差別した、つまり人種差別した事を認めた訳ですね。
 
 
>過去の歴史を論じるのにこのような足枷があっては、言論・報道の自由を守れない
 
人権侵害であるか否かを問う裁判であり、またメディアとしてあるまじき、事実を歪曲した悪質極まりない編集・構成だった事を、原告(被害者)を始めとする台湾人や日本人は批判しているのであって、「歴史を論じるのに~」という主張は余りにも酷い論点のすり替え、言い逃れです。
こんな差別主義丸出しの主張を展開している長谷部やNHKこそ、言論の自由や基本的人権を踏み躙る極めて悪辣な人種差別主義者、独裁者、現代版ナチスに他なりません。
長谷部恭男らも、人権侵害などで訴える必要があります。
 
 
 
『西村 幸祐 5月18日 1:50
 
1/3【特番】葬られたのか?! NHK の大罪[桜H28/5/7]
https://youtu.be/NiwTh-eeycg?list=PLubSbhcjV7IARkTE43SQvgzmlYs0gXcUw
 
NHKの正体
なるべく多くの台湾人に見てもらいたい番組。勿論、日本人にも。
台湾を扱うドキュメンタリー番組「JAPANデビュー アジアの”一等国”」でNHKが犯した報道犯罪を追究した7年間を振り返る。5月7日に放送された全3時間の長い座談会。僕も出演しています。』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10204967625670592
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『>「民族蔑視がすなわち高許月妹さん個人を侮辱したことにはならない」
>「過去の歴史を論じるのにこのような足枷があっては、言論・報道の自由を守れない」
 
よくしゃあしゃあとこんなことが言えるもんですね。
これ、見事なブーメランというか、慰安婦問題でこちらがこういうことを言うことなんて全く許されないでしょう。
長谷部やNHKは言うまでもなく、こんな差別容認のナチズム丸出しの主張を容認した最高裁がナチスであることが証明されましたね。
日本のナチス。それはメディアと司法。
こういう悪党に対して革命を起こすことが、民主主義国の国民の義務です。フランス人なら100%そうしている。
そういう発想が出てこないこと自体が、日本人が民主主義を理解していないという証拠でもあります。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。