スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寛容さ」を強要する屑&子供を悪用する鬼畜達(かず)

【阿比留瑠比の極言御免】日経、朝日のコラムに異議あり 夫婦別姓論議に欠ける子供の視点
http://www.sankei.com/politics/news/151105/plt1511050002-n1.html
 
>4日は最高裁大法廷で夫婦別姓(氏)をめぐる訴訟の弁論が開かれるとあって、日経新聞と朝日新聞の朝刊1面コラムが、それぞれこの問題を取り上げていた。夫婦別姓に賛成・推進する立場で書かれたこの2つのコラムを読んで感じたのは、立論の前提、出発点が異なり、議論がかみ合わないもどかしさだった。
>「誰かに迷惑もかけない。コストも知れている。歩みの遅さを合理的に説明するのは難しい」
>日経はこう書いていた
 
僕は夫婦別姓を合法化した場合、離婚に対する心理的障壁が低くなったり、女性の場合は結婚しても尚、自分の実家に依存したままで精神的に自立する事が出来なくなるなど、家族の事を顧みずに自分自身の自由を殊更重視したり、勝手気ままな振る舞いをする人間が続出するのではないか…という悪影響を懸念しているので、基本的に夫婦別姓合法化には反対です。
夫婦別姓合法化により育児放棄(虐待)や、更なる少子化など悪影響を及ぼす可能性は否定出来ないと思います。
日本経済新聞は「誰かに迷惑もかけない」と断言していますが、何故そう断言出来るのでしょうか。これこそ、合理的に説明するのは難しいと思うのですが?
 
>夫婦別姓論議でいつも気になるのが、当事者である子供の視点の欠落だ。子供の意見を反映した調査がなかなか見当たらないので少し古くなって恐縮だが、平成13年に民間団体が中高生を対象に実施したアンケート結果を引用したい。
>それによると、両親が別姓となったら「嫌だと思う」(41・6%)と「変な感じがする」(24・8%)との否定的な意見が、合わせてほぼ3分の2に達している。一方、「うれしい」はわずか2・2%しかいなかった。
>夫婦別姓というと、両性が納得すればいいと思いがちだが、夫婦が別姓を選択した場合、子供は必ず片方の親と別姓になる。ことは夫婦のあり方だけの問題ではなく、簡単に「誰かに迷惑もかけない」と言い切れるような話ではない。
 
上記のアンケート調査では、両親が別姓となる事を拒絶したり、違和感を覚える子供が半数を超えるという結果が出たそうですが、今後もし、夫婦別姓が合法化された場合、両親の姓が異なっている事に不安や違和感を抱く子供が出てこないとは言い切れないと思います。
 
「人権」「自由」「平等」「反戦平和」を声高に叫ぶ人々は、自分達の主張に説得力を持たせる為、自分達の主張に対する批判を抑える為に、子供を出しに使いますが、自分達にとって都合の悪い子供達の声には全く耳を傾けようとしませんね。こういう卑劣極まりない輩を許す訳にはいきません。
 
因みに、昨日言っていた事と今日言っている事が違うなど、親の教育方針が統一されず、ブレていると、子供は不安を抱くそうです。
教育方針のブレが子供の心理や人格形成に悪影響を及ぼすという話と、夫婦別姓の話を同列視するのはナンセンスかも知れませんが、僕には無関係だとは思えません。
 
>日経コラムはさらに、こうも書いている。
>「反発する人の声から『自分と違う価値観を持つ人間が、とにかく許せない』との響きを感じることがある」
>どう感じようと自由ではあるが、この見解はかなり一方的だろう。
 
日本経済新聞を含むマスコミ権力の主張から『自分と違う価値観を持つ人間が、とにかく許せない』との響きしか感じないのですが?
 
>10年以上前のことだが、夫婦別姓を議論していた自民党の会議を取材した同僚記者は、夫婦別姓推進派で、現在は党総裁候補の1人といわれる議員から、こう面罵された。
>「(夫婦別姓に慎重論を唱える)産経新聞は、新聞じゃない」
 
「あなたは議員失格どころか人間失格ですね」と直言したくなるぐらい醜悪な、野田ナントカさんの事ですかね。
『安倍に言いたい。お前は人間じゃない!たたき斬ってやる!』と公衆の面前で絶叫した、法政大学教授の山口ナントカさんに似ていますね。
 
>当たり前のことだが、自分と違う価値観が許せないのは、何も夫婦別姓に「反発する人」にかぎらないということである。多様な価値観を説く人が、異なる価値観を否定するという矛盾を犯すのは珍しくない。
 
多様な価値観を説くのではなく、多様な価値観を受け入れる事や「寛容さ」を他者に強要し、更には自分勝手な主張を多様な価値観の一つ、というか「絶対的に正しい見解」として他者に押し付ける連中が、僕は大嫌いです。
こういう連中の事を、僕は「人間の屑」だと再三再四指摘しています。
 
>確かに一般論としては、社会の多様化は歓迎すべきことなのだろう。多様性を失えば硬直化し、やがては行き詰まっていく。とはいえ、何でもかんでも「多様化」という言葉で正当化しても、そこで思考停止することになる。
 
全く同感です。
 
>また、夫婦別姓を法的に位置づけることと、旧姓使用は全く別物である。
 
同性婚についても同様の指摘が出来ますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。