スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「偏向」というレベルを超越した、大メディアの情報操作(かず)

反発を恐れて「偏向メディア」と記しているのでしょうが、日本の大メディアのやっている事は「偏向」というレベルを超越した、ナチス流の情報操作、言論弾圧、自国を肯定する論者や日本人に対する不当極まりない差別そのものです。
 
 
【ニッポンの新常識】日米同盟の重要性説いたオバマ大統領の岩国スピーチ 偏向メディアはわざと無視?
『オバマ米大統領が5月27日、米国の現職大統領として初めて、被爆地・広島を訪問した。この歴史的ニュースは世界中で注目されたが、オバマ氏が同日、米軍岩国基地(山口県)で、米軍兵士や自衛隊員を前に行ったスピーチは、なぜか影が薄い。
 日米同盟の重要性や、安倍晋三首相の外交手腕がよく分かる内容だ。「偏向メディアはわざと無視したの?」と勘ぐりたくなる。一部を抜粋して紹介する。
 
 《米国はアジア太平洋地域で主導的役割を果たさなければなりません。この地域は、われわれの安全保障と繁栄に不可欠だからです。安全保障には人々の間で築かれる貿易協定も必要です。また、米軍兵士と自衛隊員は協力して、誇りある奉仕活動をしています》
 《かつての敵は、最も緊密な友人となり、最も強固な同盟国になったのです。信頼、協力、そして日米の友情です。米海兵隊が自衛隊とともに平和を守っています。人間の尊厳と自由に対して日米が共有する決意は、この地域および全世界に希望を広めていきます》
 
 安倍首相は昨年4月、米国を訪問し、米上下両院合同会議で「希望の同盟へ」という演説を行った。「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の合意」と「安全保障関連法の整備」を宣言し、数カ月後、見事に公約を果たした。有言実行である。
 オバマ氏の岩国基地でのスピーチは間違いなく、安倍首相の米議会演説に対する「返歌」である。メディアがこの価値を理解できないのなら大問題だし、理解して無視したのなら、それ以上に大問題である。
 スピーチをさらに紹介する。
 
 《米海兵隊は自衛隊と力を合わせ、平和を守り、人道支援および災害救援を行っています。フィリピンやタイの洪水や、バングラデシュのサイクロン、東日本大震災にも対応しました。日米はともに数え切れない数の人命を救ったのです。このことは、われわれの大きな誇りです》
 《みなさんの奉仕は、自由、民主主義、人権、法の支配という、日米の共有された価値観に根付いています。日米同盟は非常に重要であります。両国に不可欠なだけでなく、域内および世界において、欠くことのできない安定の源であり、繁栄の土台なのです》
 
 在日米軍や自衛隊は敵の攻撃に備えるためだけにあるのではない。自然災害が特に多いアジア地域全体の平和と安定を、総合的に守るために存在するのだ。
 沖縄の基地前では「米軍は出ていけ!」と叫ぶ人々がいる。アジアや世界の平和を破壊する意図があるとしか思えない。』
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160604/dms1606041000005-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『本当、「偏向」などという言い方は生ぬるいですよ。このZAKZAKは公のメディアだから批判を恐れているという解釈もできますが、ネットで自由に発言できる保守派や右派ですら、生ぬるい表現に終始しますからね。敵は強力な言葉ばかり使ってきているのに。何が効果的かすらも分かっていないんでしょうね。保守派などは。
本当、都合のいい情報だけを声高に繰り返し繰り返し流し、都合の悪い情報は一切隠蔽する。これはまさに「ナチス流」ですよ。「偏向」で済むレベルではありませんよね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。