スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本人死ね」を問題視しない日本のメディア、法曹界、学界、人権団体、そして国民(かず)

これが「日本人死ねよ」なら、日本のメディアは全く問題視しないでしょう。「日本死ね」を批判しないぐらいですから。
そもそも「日本人死ね」など、日本人に対するヘイトスピーチが毎日大量に投稿されているのに、それを問題視しない時点で日本のメディアは日本人の人権を無視する極めて凶悪な人種差別集団だという事が明明白白です。日本人の人権を尊重しない、日本人に対するヘイトスピーチを減らそうと努力しない日弁連や学界、人権団体なども同様です。
そういう悪辣な権力者に対して、人権侵害や人種差別で大規模なデモを展開したり、全国で訴訟を起こし、最終的に権力の座から引き摺り下ろすのが当然なのに、大半の日本人はメディアや司法、学界などの差別主義丸出しの姿勢に違和感を抱く事すらありません。これは常軌を逸しています。自分達が差別されている事に鈍感過ぎます。
 
 
鹿島カイオ選手に「黒人死ねよ」差別投稿 浦和下した試合後
http://www.sankei.com/sports/news/160611/spo1606110053-n1.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『「他人視線恐怖症」がここまで悪化すると、凄惨な自国民差別につながるという。
子供も学校で凄惨な「いじめ」を傍観し、自殺者が出るような学級の状況を容認している訳ですからね。
それが日本人なんですよね。常に強い者に媚びる。本当に情けない。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。