スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を牛耳るナチス大メディアからの宣戦布告!国民は立ち上がれ!(かず)

市民のことを舐めきっているナチス同然の大メディア権力。
市民の批判に一切耳を傾けず、討論会からも逃亡し、安全圏から権力を不当に行使して市民の言論を抑圧し、市民の人権を蹂躙するこういうナチスを絶対に許してはいけません。
 
以下の記事は「独立メディア塾」という、大メディア権力を擁護する糞尿以下のサイトに掲載されている、テレビ朝日元社長で独立メディア塾とやらの塾長(要は運営者?)である君和田正夫の記事です。
これは我々日本国民に対する「挑戦状」「宣戦布告」だと考えるべきです。繰り返しますが、これは我々に対する「挑戦状」「宣戦布告」です。日本国民に対して喧嘩を売っているんです。
皆さんがこれを理解するまで僕は何度でも言い続けます。皆さんが大メディア権力の横暴に立ち上がるまで言い続けますよ。
 
 
TBSが明快な反論(君和田正夫/独立メディア塾)
http://mediajuku.com/?p=5124
 
>一民間団体が「放送法は死文化している」という判断で、テレビ局や個人を弾劾し、制裁を加えることは、法によらない「私刑(リンチ)」と同じです。
 
大メディア権力や、メディアに従事するナチズム丸出しのレイシスト達がやっている事そのものです。
というか、この記事自体が「私刑(リンチ)」ですよ。
 
 
>4月1日の声明でスポンサーへの圧力や経営陣の辞任要求を公然と表明したことは、この団体こそ民主的、法的手順を無視していることを証明しています。今回、対応を間違えると、憲法で保証された言論の自由が、一団体の判断で脅かされる、という事態を誘発することになりかねません。
 
圧倒的に権力を有する、いや、「日本自体を支配」している大メディアに対して繰り返し質問を投げ掛け、メディア従事者に対して公開討論に参加して持論を述べるように繰り返し要請したにも拘らず、これを無視してきたのはあなた方、メディアに従事する権力者ですよ。
視聴者の会こそ民主的に質問状を送付し、民主的に公開討論会を開催しようとしたのに、それを悉く踏み潰してきたのはあなた方、大メディア権力です。
 
それに、法的手順? 憲法で保障された言論の自由?
日々、放送法(第一条および第四条 http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM)を無視したナチス張りの情報操作を繰り返し、日本国民の知る権利を著しく侵害し、国民の言論の自由を抑圧し、国民の思想良心の自由を侵害し、国民の基本的人権を蹂躙してきた大メディア権力が、ジャーナリズム精神の欠片もないメディア従事者が、何を抜かしてるんだ!
 
 
>読売新聞は今年2月13日にも「視聴者の会」の全面広告を載せましたが、今回のスポンサーへの圧力声明について当然、「報道統制」と判断したと思います。そうだとすれば今後は「視聴者の会」の広告を掲載しない、ということになるのでしょうか。
 
これこそ明白な「言論弾圧」です。「報道統制」そのものです。
こういう大メディア権力によるナチズム全開の横暴を許してはいけません。こんな言論弾圧を実行するメディアに対して訴訟を起こすべきです。決して黙ってはいけません。
 
 
>企業の判断によっては民主主義は目に見えにくいところ、公になりにくいところで、じわじわ腐っていくことになります。
 
大メディアのスポンサーであり、売国権力(権力を不当に行使して国民の人権を蹂躙するレイシスト集団)に隷属する日本企業が、日本の民主主義を腐らせる一因である事は確かです。
 
 
>メディア・言論界、広告代理店、スポンサー企業すべてが、民主主義の衰退にかかわる問題として取り組んで欲しいと思います。
 
これらは日本国民の思考回路を支配し、異論や批判を述べる人達を悉く弾圧してきた悪の枢軸です。
何度でも言いますよ、こいつらこそ悪の枢軸です。我々が打倒しなければならないナチス同然の悪しき絶対権力です。
我々がナチス同然の悪しき絶対権力を倒さなければ、この国の民主主義が滅び、我々は完全なる奴隷と化します。
皆さんはそれでもいいんですか?
 
繰り返し皆さんに問います。
完全なる奴隷と化してもいいんですか?
家畜以下の酷い扱いを受ける存在と化してもいいんですか?
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『<我々日本国民に対する「挑戦状」「宣戦布告」>
<市民のことを舐めきっているナチス同然の大メディア権力>
 
我々はもっとこのことを自覚しなければなりません。
 
そして何度も言っていることですが、奴等メディアこそが「権力」です。「弾圧する側」です。我々はそこを間違えてはいけません。
 
保守系の人の議論を見ていると、メディアを批判する際、「何でも権力を批判すればいいというものではない」のような書き方が見受けられますが、だから違うって言っているんですよ。
 
奴等は権力批判などしていません。奴等が権力なんです。政府以上の権力なんです。
 
そして最大の被害者であり弱者なのは、メディアによって弾圧されている我々国民なんです。
 
その基本を間違えてはいけません。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。