スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の自称人権派弁護士は「人権弾圧弁護士」(かず/太一)

このような人物こそ真の人権派弁護士です。
日本の自称人権派弁護士は日本人(特にレイシストを批判する人々)の人権を蹂躙する事、異論や批判を弾圧する事、真の弱者を差別する事しか頭にない、ナチズムの継承者です。
 
 
中国の著名人権派弁護士・高智晟氏、拘束中の拷問体験を出版へ
『中国の著名な人権派弁護士高智晟氏(52)の娘の耿格さん(23)が14日、香港で記者会見し、高氏が中国当局に拘束されていた際に受けた拷問の体験などを書いた本を今週、台湾で出版することを明らかにした。
 耿さんによると、高氏は2014年8月に出所後も中国陝西省にある故郷の村で厳しい監視下で軟禁されている。服役中に受けた虐待などで多数の歯が抜けたが、治療を受けさせてもらえず、流動食しか食べられない状態だという。
 本の中で高氏は、当局者から電気ショックを与える棒を顎にあてられたり、胸を激しく蹴られたりする拷問を受けた状況を詳細に記した。
 高氏は「国家政権転覆扇動罪」で有罪判決を受け、11年に収監された。耿さんら高氏の妻子は09年3月に米国に脱出、耿さんは会見のために香港を訪れた。(共同)』
http://www.sankei.com/world/news/160614/wor1606140034-n1.html
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『仰るように、真の人権派弁護士は、このように拘束や拷問を受けるはずなんですよ。逆にスラップ訴訟で弱い立場の一般市民を脅して人権侵害を繰り返すような日本の弁護士は、人権派の「真逆」の存在で、「人権弾圧弁護士」の方がしっくりきます。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。