スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舛添要一都知事辞任。メディアと国民に対する疑問(かず)

【長谷川豊】舛添さん問題は最低の騒動だった
http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20160615/wat1606151220004-n1.htm
 
>もうね……あ~あ……という感じです。やれやれ。日本のメディアもネットも国民性も、本当に集団リンチが好きですよね。正直な話、あきれ返りました。
>はい。これでどうせ、マスメディアも大満足なんでしょう。池に落ちた子犬がおぼれ死ぬまで見学してりゃあ視聴率が取れるんだから。
>バカバカしいったらありゃしません。これで解決だと思ってるのであれば、こんなバカらしい話はありません。
>いいカッコしてるけど、外野席から文句言ってるだけじゃん。
>今回の一連の騒動。メディアも都議会議員もみんなバカ丸だし。
 
 
お前が言うか? どの口が言ってんだ?
お前、散々政治家や芸能人らメディアが袋叩きにした人々を調子に乗って叩いてきたよな?
事あるごとに集団リンチに加勢してきたよな? なぁ? なぁ? なぁ?
 
単に視聴率や販売部数を上げるためだけでなく、安倍政権や自民党、東京五輪開催に打撃を与え、都合の悪い事象から大衆の目を逸らすために、舛添叩きに注力してきた大メディアも、韓国人学校に都有地を無償で貸し出すなど、東京都民(日本国民)を差別する一方で韓国を殊更優遇するという最も追及しなければならない大問題を放置し、大メディアによる舛添バッシングに触発されて、集団で舛添叩きに興じていたネットユーザーら日本国民も糞以下です。
 
無論、この長谷川豊も糞以下です。自己本位過ぎます。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『全く同感ですね。こいつにそんなことを言う資格は1ミリもありませんよ。お前がずっとやってきたことだろ、と。こういう「いじめ狂人間」は、自分がいじめていることすら気が付かない病気なんでしょうかね。
あとタイムラインでも言いましたが、国民やメディアがそれだけ舛添に疑問を感じるなら、どうして自主的に法改正に動かないんでしょうか?
「違法ではないが不適切」ってことは、法律が不適切なんですよ。それを国民が自主的に変えるのが、「民主主義」です。
「法律は白人様が決めること」などと思っているのは、世界で日本人だけだし、そんな民族に民主主義は無理ですよ。』
 
 
太一さんのコメント
『ちなみに、国民や都民が舛添を厳しく批判するのは当然のことで、100%正当ですよ。自分達の税金をあんなくだらないことに無駄遣い(もっと問題なのは朝鮮学校の方ですが、それは国民は知らないでしょうが)をしたなら、税金を払っている人間として激怒して当然ですよ。
「舛添叩きは衆愚だいじめだ」のような意見は全くの的外れです。
そうではなく、私が舛添バッシングの中で疑問を感じているのは、芸能ニュースの4分の3もの時間をこのニュースにだけつぎ込む異常さのことです。要は国民ではなく、メディアを批判しています。他に報じるべきニュースを隠蔽しているようにしか見えない。
 
あともう1つは戦略の話、保守派や右派限定の話で、保守派や右派がこぞって舛添辞任を喜ぶのは疑問で、前回の都知事選で舛添の2位は共産の宇都宮だった訳です。そして今も早速蓮舫とかろくでもない候補の名前が挙がっている。そんな連中が都知事になったら、舛添以下ですからね。保守派や右派はそれを分かって舛添おろしをしていたのか?と聞きたいです。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。