スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反戦平和や反差別を叫ぶメディアが人種差別と憎悪犯罪を煽っている(かず)

>オール沖縄によるケンミン大会。なぜ県民と書かないのか
>来る参議院選挙への総決起大会の様相を呈しており
>あの若く美しかった女性の死を道具として使いまわしている。
>「海兵隊出ていけ」「米軍基地出ていけ」と声を荒げ権力を手中にしていく
 
人命を政治利用し、あらゆる権力を手中に収め、更なる支配を目論むレイシストは片仮名表記が好きですね。「ヒロシマ」も然り。
 
 
>中国の軍艦が沖縄の近海に出現してるのは無関係ではないだろう。毎日怒りに燃ゆる島を見て誰がほくそ笑んでいるのか?
 
反戦平和を叫ぶ一方で、県民そして国民の生存権を脅かす中国の暴挙を黙認するメディアや団体、人間達は、隣国の先兵同然です。そして紛れもなくレイシストです。
 
 
>新聞に感情を煽られ怒りに我を忘れた方々が基地のゲート前でアメリカ人を取り囲み暴力を振るう。
 
「反戦平和」「反差別」などを声高に叫んでいるメディアが、人種差別と憎悪犯罪を煽っているという事ですね。
 
 
>意図的に感情を煽られていることは思考力と判断力を奪われていることに等しいと私は考えます。
>ヘイワを叫ぶ方々とメディアによる沖縄県民の「愚民化」です。
>中だけ見ていると判らない。しかしこうして外の出来事を見れば気付くことあるのじゃないかな。平和の意味が。
 
同感です。
 
 
『手登根 安則 昨日 8:31
 
沖縄では連日、終戦直後にまで遡り米軍の事件事故を報道しています。
まるで県民を煽るかのように・・・
そう、明後日開催されるオール沖縄によるケンミン大会。
なぜ県民と書かないのか、
それは彼らがある女性の死を悼むフリをして
事実上、来る参議院選挙への総決起大会の様相を呈しており
長年の夢であった海兵隊を追い出す口実に
あの若く美しかった女性の死を道具として使いまわしている。
彼らが「海兵隊出ていけ」「米軍基地出ていけ」と声を荒げ
権力を手中にしていくのと同時に
中国の軍艦が沖縄の近海に出現してるのは無関係ではないだろう。
毎日怒りに燃ゆる島を見て誰がほくそ笑んでいるのか?
 
大東亜戦争末期、多くの命が失われていった広島で
それを目の当たりにした方がオバマ大統領と抱擁をした。
彼は長年、原爆で命を失ったアメリカ兵の身元を調べ
家族に情報を伝え続けてきた方だった。
戦争を体験し目の前で大切な人々が亡くなっていくのを見てきた方がアメリカの大統領と抱擁を交わし
戦争を体験してもいないのに、新聞に感情を煽られ怒りに我を忘れた方々が基地のゲート前でアメリカ人を取り囲み暴力を振るう。
沖縄はいつまでこんなことを認め続けるのでしょうか?
意図的に感情を煽られていることは
思考力と判断力を奪われていることに等しいと私は考えます。
ヘイワを叫ぶ方々とメディアによる沖縄県民の「愚民化」です。
中だけ見ていると判らない。
しかしこうして外の出来事を見れば
気付くことあるのじゃないかな。
平和の意味が。』
https://www.facebook.com/bogey.tedokon/posts/1028118067268262
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『かずさんのコメントに全く同感です。あとカタカナ表記は、それに「何か特別な意味がある」というように、長年テレビが洗脳してきた賜物でしょうね。外国人が日本語を言っているようなイメージもありますが、外国人の声ばかり病的に気にする日本人の悪癖にも付け込んでいますね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。