スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナルド・トランプ暗殺を煽動する大メディアと自称リベラル(かず)

大統領選の最中、ヒラリー・クリントン周辺でこのようなテロ事件が起きた事ってありましたか?
自称リベラルなどはトランプの差別発言が招いた事件だとしてこのテロリストを擁護するでしょうが、犯罪者予備軍を含む全米国民や全世界の人間に対してトランプを暗殺するように煽動してきたのは米国を始めとする全世界の大メディアや、自称リベラリストを含む悪辣な支配者たちですよ。
 
 
トランプ氏暗殺未遂 19歳少年、警官から銃を奪おうとして逮捕 米ラスベガス
『米大統領選で共和党候補指名が確定している実業家、ドナルド・トランプ氏(70)が暗殺未遂事件に遭っていたことが分かった。今月18日、ネバダ州南部ラスベガスで行われたトランプ氏の選挙キャンペーン会場で、警察官から拳銃を奪おうとして逮捕された19歳の少年が、「トランプを殺すために来た」と供述、全米に衝撃が走っている。
 CNNテレビによると、少年は当日、会場で警備に当たっていた警官に「トランプ氏のサインをもらいに来た」と話しかけ、スキを見て拳銃をホルスター(革ケース)から奪い取ろうとした。
 少年はトランプ氏の殺害を約1年前から計画していたという。トランプ氏が当日にラスベガスに来ることを知ると、カリフォルニアの自宅からラスベガスまで車を運転。17日、生まれて初めて射撃場で銃の練習をしたという。
 少年はトランプ氏を拳銃で「殺したかった」と動機を話している。』
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160621/frn1606211530007-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『この事件はまさに、アメリカのメディアやハリウッドなどをはじめとするリベラルファシズムが生んだ狂気ですよ。「ファシズム批判」を自称する者(この犯人個人というよりも、アメリカのリベラル権力)こそがファシストだった、という典型的な事件ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。