スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突っ込みどころ満載 醜悪極まりないナチス売国権力の自己紹介(かず)

日本を牛耳る現代のナチスである売国権力(絶対的権力を有するレイシスト達)による、ナチズム・レイシズム・ヘイト・ダブルスタンダード全開の記事です。
突っ込みどころが多過ぎて手に負えません。
 
 
【週プレNews】ヘイトスピーチ対策法成立も効力に疑問で低評価…「言論・表現の自由は誰かを傷つけるための権利ではない」[6/25]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466838537/
 
>人種差別撤廃の理念は、国境を越えた普遍的なものです。違法滞在の外国人でも、日本国籍を持つマイノリティであっても、人種差別の対象にしていいという理由はどこにもありません。
 
日本人を人種差別の対象にしても、日本人にヘイトスピーチをぶつけてもいいという理由はどこにもありません。
 
 
>今回のヘイトスピーチ対策法で問題とされているのは、あくまでも「差別的言動」です。では、差別が行なわれる根拠はどこにあるかを考えてみると、自分が相手よりも優れているという「優越性」に行き着きます。
 
優越性? 身体的被害、精神的被害、金銭的被害に苦しんできたのは、差別されている被害者は、我々日本人です。
自分達が握っている圧倒的・絶対的権力を不当に行使して、正当な批判や異論、被害者の声を、自分達にとって都合の悪い主張を、悉く弾圧・隠蔽してきたのはあなた方、売国権力ですよ。優越性丸出しなのは売国権力です。
 
 
>沖縄で基地移設反対デモを行なっている人たちは、米軍に対して「優越性」など抱いてはいません。従って、沖縄の事例はヘイトスピーチ対策法により規制されるものではないのです。
 
米軍関係者や地元の沖縄県民がどれだけヘイトスピーチを浴びせられてきた、リンチされてきたと思ってるんだ!
どれだけ人権を蹂躙しようが、どれだけヘイトをぶつけようが、どれだけ罪を犯そうが逮捕されない。逮捕されてもお抱えの弁護士が駆けつける。「優越性」とやらがあるのはどう考えてもあなた方です。
 
 
>─ドイツは、基本法(憲法)で言論・表現の自由を保障しながら、「ハイル・ヒトラー」という発言やナチ式の敬礼、ハーケンクロイツ(鉤十字)の意匠を掲げることなどに対しては厳しく取り締まっています。
>金 それは、民主主義の根幹をなす言論・表現の自由にも制限があることを国として示した例と言えます。その背景にあるのは、ナチの行為や思想を「絶対に継承してはいけない」という、戦後ドイツの強い決意です。
>また、ナチが迫害・虐殺の対象としたユダヤ人たちがドイツに対して感じる脅威や恐怖を低減させるという外交的あるいは内政上の意図もあったでしょう。
>大切なことは、ナチ関連の例のように言論や表現を規制する際に「なぜ、それらを規制するのか?」ということを徹底して教育・啓発することだと思います。
>これが十分に行なわれないと、規制の背後に「何か真実が隠されている」と考える人が出てきたり、極右思想が広がる温床にもなりかねません。
 
恐ろし過ぎる!
ナチスや戦後ドイツの言論規制を引き合いに出して、言論弾圧・思想統制・人種差別・人権蹂躙を正当化するなんて、極右というレベルではなく、これはナチスを超えるナチスですよ。
この横暴極まりない絶対権力の圧政に抗う為には、テロしか残された手段がなくなる可能性もあります。
つまり、ナチス売国権力がテロを生む、ナチス売国権力こそ暴力の温床という事です。
 
 
>せっかく自由があるのですから、それをより豊かな社会や文化を築くために使ってほしいと思います。
 
「優越性」丸出しの発言ですね。その自由を弾圧しているのが、あなた方売国権力です。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『完全に自己紹介になっていますね。
確かにあまりの酷いダブスタぶりに言葉を発する気すら失せるような感じですが、それでも何度も何度も徹底的に言わなければなりませんね。それはお前らのことだと。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。