スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安倍には何をやってもいい」 大メディアが示す「いじめ」の見本(太一)

「安倍には何をやってもいい」という、
まさに、日本で多数の自殺者を出している「いじめ」の見本です。
 
そして大メディアだけを見ていても、
嘘八百の情報しか入らないこともここから分かります。
 
何せ日本の大メディアは、特定の外国や政治勢力のプロパガンダのために情報操作・印象操作ばかり行う、ナチスのメディアと同等のファシズム機関だからです。
 
いつまでもこのようなナチスの支配下に安住せず、いい加減、国民は立ち上がるべきではないでしょうか?
 
 
『安倍 晋三 6月22日 15:37
 
…秘書です。
 
皆様からご心配やご質問を数多く頂戴し、某党の党首の方が「相当文句を言っていた。あれが首相の姿かと思うとがくぜんとする」などと述べられている「報道ステーションにおける党首討論」の件に関しまして、一言申し上げます。
 
報道ステーションの対応にはあきれました。まず時間を守らない。昨日(21日)は「大分へのフライトの関係で18時終了を厳守して欲しい。」と出演交渉をしたところ、テレビ朝日側が「18時の終了を厳守するのでやりたい。」との収録時間の厳守を条件に了解しました。
にも関わらずこちらが席を立たなければならない事をわかっていて18時を過ぎてから質問を投げかけ、あたかもこちらが打ち切った様な印象を与える演出は卑怯です。
国会では総理が1分遅れても陳謝或いは散会になります。
みんなの大切な時間は守る事は社会人なら当たり前でしょう。
安倍さんが「時間だから」と言うまで延々とやるつもりだったのでしょうか。
そして民主党政権時の参議院選挙では菅首相(当時)はテレビ朝日の番組への出演を拒否していますので、テレビ朝日では党首討論は行われていません。
その事は伏せて「安倍総理の都合で報道ステーションでは選挙前に一回しか行われていない、もう一回」と言うのは実にアンフェアです。
菅政権の時はテレビ朝日では0回、テレビ党首討論は4回。
対して今回行われる党首討論は先日行われたニコニコ動画を入れれば実に6回です。
その現実も伏せて安倍総理は党首討論から逃げていると印象操作はフェアではありません。
そして「何故この時期に設定したのか?」とのご質問ですが、期日前投票の利用する方々は現在有権者全体の25%にも及びます。
その利用者の方々が投票する前に各党の考え方を理解してもらう党首討論の開催を早く設定するのは世の流れとして当然と言えるでしょう。
《秘書アップ》』
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=951191585004285
 
 
 
(追記)
かずさんのコメント
『ナチス大メディア権力が総理大臣以上の圧倒的・絶対的権力を有している証拠ですし、テレビ朝日というナチス大メディアは安倍氏を不当に拘束した、つまりは安倍氏らの人権を蹂躙した、そして総理大臣の職務を妨害したという大罪を犯したわけです。
この極めて重大な事実に憤りを覚えない国民、ナチス大メディアを批判・糾弾しない国民、ナチス大メディアに抗議しない国民は家畜以下です。お前らそれでも人間か。』
 
 
私のコメント
『前に紹介したツイッターの人も指摘していましたが、現代日本人は「人間として必要なもの」が致命的に欠落していますよね。』
 
 
かずさんのコメント
『激務の総理大臣を無理やり拘束。総理が批判したら↓この記事のように公開処刑し、ヘイトを煽るナチス大メディア。
こういう事実を示しても、この国の最高権力者が、この国を牛耳る絶対権力者が誰なのか、家畜以下の国民には理解出来ないのでしょうか。
 
安倍首相「ちょっとフェアじゃない」 番組収録で抗議
http://www.asahi.com/articles/ASJ6P6Q7RJ6PUTFK01B.html』
 
 
私のコメント
『ある意味、最高権力者・絶対権力者に気付いているから、国民もそこには逆らわず、弱い立場の総理のことは簡単にいじめるんでしょう。それの意味するところが分からずに、「権力者」という用語を間違って猿真似だけで使っていると。
あと総理大臣には外交など、我々国民のために、大変で急を要する仕事が沢山あるのに、その貴重な時間をこのファシスト共が糞みたいな報道のために独占しようとする行為自体が、国民に対する裏切りであり、国民に対する挑戦ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。