スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に都合がいい主張や選挙結果だけを「民意」だと言い張る大メディア(かず)

「民意」と「活躍」に要注意?エーコの定義 ファシズムについて 藤原章生 (毎日新聞記者)
『小泉純一郎政権の時代、「抵抗勢力」という言葉が当たり前のように語られ、歩み寄る議論もないまま、「敵か味方か」というレッテル張りが強まった。この傾向は、今の安倍晋三政権の下でもよく見られる。昨年の安保法案の強行採決前、野党の論の進め方にも問題があったが、政権側が野党や学者の意見をほぼ無視したことは、この特徴に近いかもしれない。
(略)
 日本では中国、韓国に対する敵対感情、在日韓国人へのヘイトスピーチなどがここ10年ほど急速に目立ってきたが、これは欧州など移民の多い社会ならどこにでもある現象だ。
(略)
 「ファシズムの下で、個人は個人としての権利を持っていない。まとまった『国民』として、それが固まった形で『民意(共通の意志)』を持っているとみなされる。実際、『民意』が一つなどということはあり得ないのに、政権はそれがあるようなふりをする。
 『国民』は単なる芝居の道具に過ぎない。かつての広場での民衆の叫びは、今ではテレビやインターネット上の感情的反応に取って代わられ、それが『民意』『国民の声』として受け入れられる事態が起きる。
(略)
 例えば、自民党の大勝に終わった2014年末の衆院選でも「民意」という言葉をよく聞いた。その後、安倍政権は与党大勝が民意の反映という理屈で、あれこれ法案を打ち出した。
 しかし、実際に自民党に投票した人の数を全有権者で割ったいわゆる「絶対得票率」は、比例代表選で約17%、 小選挙区でも約25%だった。全有権者の5人に1人程度しか自民党に投票していない。
(略)
 エーコに従えば、「民意」をいいように利用している点で、今の日本の政権与党に限らず、政治全般がファシズムの特徴に近いと言えないだろうか。』
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/6541
 
 
>歩み寄る議論もないまま、「敵か味方か」というレッテル張りが強まった
>政権側が野党や学者の意見をほぼ無視した
 
異論や批判にレッテルを貼って弾圧しているのは大メディアですが何か?
日本国民を差別する権力者たち(売国権力)のプロパガンダやヘイトスピーチばかり垂れ流し、国民を抑圧しているのは大メディアですが何か?
国民を無視するばかりか、国民の人権を蹂躙し続けているのは大メディアですが何か?
 
 
>在日韓国人へのヘイトスピーチ
 
あなたが主張する、いやメディアが言い張る「ヘイトスピーチ」って一体何ですか?
それこそレッテル貼りでしょ?
定義すら示さず「ヘイトスピーチ」という言葉を乱用して異論や批判を弾圧するなんて、ナチスそのものですよ。
 
 
>ファシズムの下で、個人は個人としての権利を持っていない。
 
大メディアを始めとする売国権力に、日本国民の主権が奪われていますからね。
 
 
>まとまった『国民』として、それが固まった形で『民意(共通の意志)』を持っているとみなされる。
 
自分達にとって都合のいい時だけ「民意」という言葉を連呼してきたのが、大メディアを始めとする売国権力なんですけどね。
ねぇ、聞いてますか藤原さん?
 
 
>『国民』は単なる芝居の道具に過ぎない。
 
「国民は売国権力(メディア)の道具に過ぎない」by毎日新聞
 
 
>全有権者の5人に1人程度しか自民党に投票していない。
 
自分にとって都合のいい選挙結果なら「これが民意だ!」と絶叫する一方で、都合の悪い選挙結果なら有権者を差別してでも難癖をつける。
これこそ、日本のメディアが国民の事を「道具」だと思っている証拠であり、民主主義を微塵も尊重していないという証拠です。独裁丸出しです。
 
また、現政権に対して日本国民の圧倒的多数が強烈な不満を抱いているのなら、皆が投票所に足を運んで野党を大勝させるなり、自ら国政選挙に立候補して変革を成し遂げようとします。
こんな事は子供でも、どれだけ馬鹿な人間でも分かります。
言い訳するならもっとマシな言い訳を考えろ。
 
 
>「民意」をいいように利用している点で、今の日本の政権与党に限らず、政治全般がファシズムの特徴に近いと言えないだろうか。
 
「民意」をいいように利用している点で、毎日新聞に限らず、日本のメディア全般がファシズムそのものと言えないだろうか。
 
日本国民の審判を受ける政治家、つまりは国民が信任した国会議員とは異なり、選挙や国民審査のように日本国民から直接的な審判を受ける事が一度もない大メディアが、日本国民の代表を装った上で、「民意」などの言葉を利用して、自分達が気に入らない議員や、その議員を支持する国民を威圧し、委縮させている事こそ大問題です。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『これ、100%、メディア側の自己紹介ですよね。自分達の都合のいい民意を「これが民意だ」、都合の悪い民意は「ポピュリズムはよくない!」、そして志位るずなどごり押し自作自演で「大活躍」。全部大メディア権力がやっていることです。だから日本は大メディア権力が支配するファシズム国家だといつも言っています。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。