スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱者救済という名目で日本人を差別する材料を集める売国権力(かず)

「女性の人権擁護」「弱者救済」という名目で日本人を差別する材料を収集する売国権力。
「報道機関」「ジャーナリスト」「弱者の味方」を名乗るなら、この日本人差別の構造を取材して全容を国民に告発する義務、全貌を暴く義務があります。
 
 
 
『杉田 水脈 7月14日 13:58
 
先日、起業家やサラリーマンの方々を対象とした勉強会で国連や慰安婦問題について話をさせていただきました。質疑応答の時間に芸能関係で働いているの男性からこんな発言がありました。
「これって、慰安婦問題や国連のことと関連するように思うのですが聞いていいですか。今ニュースになっているAV出演の強要の件です。」
 
彼の話はこうです。
借金を抱えている女性が、「どうしてもAVに出演させてくれ」と頼み込んで出演した。撮影の現場でもスタッフに「次もお願いします」「よろしくお願いします」と頼み込み、結局200本くらいの作品に出演した。
借金を返済し引退した後、付き合いだした彼氏に過去のAV出演がばれてしまった。とっさに出た言葉は「無理やり強要されて出演した」だった。
その言葉を真に受けた彼氏は所謂人権派弁護士を呼んできて彼女に強要した会社を訴えるように勧めた。
のだそうです。
 
その話を聞いて、「その弁護士ってもしかして『ヒューマンライツナウ』の伊藤和子弁護士?」と私が訪ねると、彼は、「そうです。伊藤和子です。」と。
「すごく関連しますよ。彼女はジュネーブやニューヨークの国連の常連なので、何度か顔を合わせたことがありますし、そのことは河添恵子先生との対談本にも書いています。」
 
ということなので、現場にいてその元AV女優を知っているスタッフたちは「なんで、彼女が訴えてるのだろう?」と首をかしげているそうです。
 
まさしく現代の「捏造慰安婦問題」ですね。』
https://www.facebook.com/mio.sugita.5/posts/978709848893706
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『仰る通りですし、こういうのは女性が主張していくことが大切ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。