スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

権威主義者=差別主義者(かず)

中国・韓国と同じ罠にはまった日本人にはご用心!中韓にノーベル賞が取れない理由~他山の石とすべし
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45210
 
『「あんなデータもある」「こんなデータもある」「かくかくしかじかだから安全だ/危険だ」
結論の最後の部分は、はっきり言ってほとんど無関係。印刷してある、どこの誰がどうやって測ったかも分からず、しっかりした査読が行われたかも分からない「ペーパー」や「データ」など、理学の基礎教育を受けた人なら、最初から「疑ってかかり」真偽を確かめたうえでなければ、その結果に身を委ねるようなことは絶対にしません。』
 
『主張のいかんと無関係に(たとえば原発推進でも反対でも)目の前の現実をしっかり把握しようとせず、権威に寄り添う心情で判断、自分自身は一貫して思考停止したまま「専門家」と称する人の言うことを鵜呑みにする・・・。』
 
『人は「危険だ」と言われると、「本当かな?」と心配になるものです。「ガンの疑いがあります」と医者に言われれば、誰だって考えるでしょう。』
 
『原発などに関連して「危険だ」と指摘する文献を見つけると、その真偽も確かめずに鬼の首を取ったように喧伝する人を見かけますが、(略)権威妄信型の思考停止タイプであると、本人が気づいていないケースが非常に多い。』
(これは思考停止の気狂いだけでなく、反原発ファシストや反日レイシストといったプロパガンディストや、人を混乱に陥らせて得をする連中がよくやる事だと思います。)
 
『実は非常にしばしば、権威主義に走る人は自信がない。その裏返しで権威を盾に開き直ろうとする。』
 
『実際に測定して「ここまでは安全」と言っている人に「安全説論者」とレッテルを貼るような行動は、まさに裏返しの権威主義そのものです。そういう状態に陥っている人はどこまでが本当に安全か危険か、実のところ分かっていません。分からないまま叫ぶことだけに慣れている。』
 
『コンビニのおにぎりは軒並み「福島産の米だ」から「やめておいた方がいい」と忠告してくれた人がありました。心配してくれるのはありがたいことで、そこには感謝もしたいのですが、じゃあ福島の米ならいかんのか?
実際に出荷されているということは、少なくともチェックに引っかかるような放射線量など出ているわけがなく、ファクトを見ずに風説だけで除外するようなことは、どうなのだろう・・・と正直私は思います。』
 
『実際に自分の目で確かめ、確信をもって危険だと判断すれば、決して食べない、で当然と思いますし、調べたつもりにもならない、根拠の存在しない風説で判断を右左すれば、確かなものは何も出てこない。』
 
『実のところ先入観、それと紙の上の知識、そして何より「ファクト」を見ない。何となく人の言うことを前提に判断を下していて、でもその「人」の言葉がどれくらい信用できるか、などは考えていない・・・。』
 
『大事を取って危険は大きく回避した方がいい・・・もちろんそういう局面があります。そういう時、何をもって「大事を取る」か、その根拠は(略)自分自身でしっかり確かめて、初めて確信をもって決断を下せるものになります。』
 
『人のうわさであっちチョロチョロこっちチョロチョロ、といった行動を取っていると、天変地異のような状況では典型的に烏合の衆で、大きな危険に巻き込まれる危険性が高いことが懸念されます。』
 
『分からなかったららネットで調べることもできる。いい加減なブログなどでなく、学校や研究機関が出しているホームページであれば、そんなに外れた内容でないことが期待できるでしょう。
そういうものを「鵜呑み」にするのでなく、疑い確かめながら調べていく。そういう「自ら調べ、自ら学ぶ」プロセスを、面倒くさがっているだけ、というケースが、実は大半なのではないでしょうか?』
 
『ある食品の含有放射線量を本当に調べようと思ったら、いくらでも方法はあるわけで「いちいちそんなのやってられっかよ」という思考停止、横着と無根拠の断定が、おかしな権威主義の迷信をのさばらせているのではないか?』
 
 
この記事は上記の主張以外、論外です。
筆者(伊東乾)は権威主義を批判しているにも拘らず、ノーベル賞という権威を盲信していますし、例え話というか一種のカテゴライズからは差別意識も感じられます。
 
産経新聞も、こういう記事(【ノーベル賞】自然科学分野で日本人躍進も将来は…「中国が受賞ラッシュ」とも http://www.sankei.com/life/news/151008/lif1510080043-n1.html)を配信していますが、少なくともノーベル賞の獲得を念頭に置いて研究している日本の科学者は殆ど居ないでしょう。
 
研究努力を重ねていたら、ある失敗から新たな発見に至り、それがノーベル財団や学界に評価されたというケースが非常に多いです。
寧ろ、ノーベル賞という権威に固執する事で、研究そのものが疎かになる可能性が高いでしょう。
 
要するに、外野の権威主義者達がノーベル賞という世界的権威を盲目的に称賛しているだけで、研究内容や発見・開発に至った努力を自分なりに精査して評価している訳ではないんです。
「権威に認められなければ評価に値しない」という態度は非常に差別的であり、本末転倒も甚だしいです。
こういう態度こそ、地道な研究や科学技術の発展を阻害していると言っても過言ではありません。
 
昨今、国に財政的余裕がない為、あるいは企業が商売に直結する研究にしか金を出そうとしない為、直ぐに成果が上がる研究以外に資金を提供しようとする支援者・投資家が少ない為、研究費用の獲得・捻出に苦労している分野や組織が多いようですが、日本のマスコミや言論人は「将来、ノーベル賞を獲得する日本人科学者が居なくなるかも知れない」という非常に下らない、的外れな報道や主張をするぐらいなら、日頃、世間からは注目されない研究や開発の数々にスポットライトを当てるなど、科学の発展に寄与する報道をすべきです。
 
(追記)
「それは非科学的だ」とか「科学的ではない」という主張を時々聞きますが、学界の権威が認めない事実や主張、あるいは多数派が容認・賛同しない主張に対して、「非科学的」などというレッテルを貼る人々こそ非科学的であり、それこそカルト宗教の信者と大差ないと僕は思います。
人間は自分の経験から物事を判断しますが、だからと言って自分が経験していない事や、即座に理解出来ない事に対して一考せず、あらゆる可能性を考えずに、レッテルを貼ったり、全否定したり、排除するという非常に差別的な態度をとっていい訳がありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。