スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致被害者とその家族の人権を軽視するメディア(かず)

日本のメディアはこういう事実を大々的に報道しませんね。
拉致被害者とその家族の人権、延いては全ての日本国民の人権を軽視している証拠です。
 
 
朝鮮中央テレビに辛光洙容疑者とみられる「映像」 都知事選に影響か
『日本人を北朝鮮に拉致したとして、日本の警察当局が国際手配している元北朝鮮工作員の辛光洙(シン・グァンス)容疑者(87)とみられる人物が、朝鮮中央テレビが23日に報じた公式行事の映像に映っていたことが25日、分かった。東京都知事選にも微妙に影響しそうだ。
(略) 
 辛容疑者といえば、韓国当局に逮捕され、死刑を宣告されていたが、菅直人元首相ら日本の複数の国会議員が1989年、当時の盧泰愚(ノ・テウ)大統領に嘆願書を送ったことで知られる。
 
 辛容疑者は釈放され、北朝鮮に送られて「英雄」として称賛されたが、その後、拉致実行犯であることが発覚した。
 
 今回の都知事選で、菅氏は野党推薦のジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の応援で人一倍目立っているという。
 
 鳥越氏は2014年8月に放送されたNHKスペシャル「シリーズ日本新生 『戦後69年 日本の平和を考える』」で、次のように語っていた。
 
 「(日本は)安全でなくなったとか、日本の国が攻められるような感じになってきたという声がある(中略)そんなことは虚構です。どこの国が攻めるんですか」「北朝鮮がミサイル打っているというのはあります。しかし、日本がそれで攻められるのか。日本の国民の命が危ないのか。そんなことはないですよ」
 
 拉致被害者の命は心配ではないのか。辛容疑者の映像公開は、日本と日本人の安全を考えるきっかけとなりそうだ。』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160726/plt1607261537004-n1.htm
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『全く同感です。一番人権を無視している鳥越陣営を利するために情報操作するメディアもまた、人権無視機関であることは明白ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。