スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャーナリズム精神皆無の反人権主義メディア・朝日新聞(かず)

後方支援の自衛隊員、捕まったら…捕虜扱いされぬリスク
http://www.asahi.com/articles/ASJ9Q4FKRJ9QUPQJ004.html
 
>国際法は、兵士が残虐な行為を受けることを防ぐため、「捕虜」として人道的な扱いを保証するルールを定めている。ジュネーブ条約という取り決めだ。
>ところが、政府は、自衛隊員が捕らわれてもこの条約上の「捕虜」には当たらないという立場をとる。これは昨年の国会審議で、民主党(当時)の指摘で明らかになった。辻元清美衆院議員の「捕虜の扱いを受けるのか」との追及に、岸田文雄外相は「日本は紛争当事国となることはなく、ジュネーブ条約上の捕虜になることはない」「こうした拘束は認めない。ただちに解放を求める」と述べた(2015年7月15日衆院特別委)。だが、これでは、捕まった隊員が敵側の法で一方的に処罰されることになりかねない。
 
 
反人権主義丸出しの朝日新聞が垂れ流す糞尿以下の記事は酷過ぎますね。
 
自衛官を含む日本国民から生存権を奪っているレイプ憲法9条のせいで、自衛隊は正式な軍隊として認められないので、自衛官を捕虜として扱う事はできませんし、それ以前に独裁国家やISなどのテロリスト集団は、ジュネーブ条約など欧米が取り決めたルールなど無視します。
 
平和安全法制は諸外国との衝突リスクを低減させる為に必要な法律であり、海外にいる邦人や自衛官を保護する為には、国民から自衛権や生存権を奪っているレイプ憲法9条2項という反人権条項を改正する必要があります。
 
その憲法改正の阻止や、平和安全法制の廃止に力を注ぐ朝日新聞などの大メディアは、明らかに日本人を差別しています。人種差別メディアですよ。
 
 
 
(追記)
太一さんのコメント
『>捕まった隊員が敵側の法で一方的に処罰されることになりかねない
 
そう思うなら、敵側を厳しく批判するのが、世界のジャーナリズムの常識です。
それをせず、反論してこない自国政府だけ袋叩きする「いじめファシズムメディア」は世界で日本にしか存在しません。
 
>それ以前に独裁国家やISなどのテロリスト集団は、ジュネーブ条約など欧米が取り決めたルールなど無視します。
 
そういう一番大事なことに触れないように隠蔽するのも、ジャーナリスト失格ですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。