スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のメディアや教育界はアジア諸国を無視する弱者弾圧民族差別主義者(太一)

こういうアジアの声を隠蔽し続け、逆の声だけを繰り返し繰り返し流し、国民を洗脳してきた日本のメディアと教育。それだけでも十分ファシズムです。
 
こうした声は、アメリカやヨーロッパなどの戦勝国にとって都合が悪いため、欧米は当然無視するでしょう。
つまり日本のメディアや教育は、強者たる欧米に媚び、弱者たるアジア諸国を無視する、弱者弾圧民族差別主義者だということです。
 
 
『西村 幸祐 9月23日 2:41
 
ミャンマー国防大臣、大東亜戦争の日本軍に心からの謝辞。
稲田防衛相と9月21日に会談したミャンマーのセイ・ウィン国防相はこう言った。
「旧日本軍の独立支援にいつも感謝している」
彼は大東亜戦争中の日本軍への謝辞を惜しまなかった。これは歴史の常識だが、果たしてどれだけの日本人が知っているのだろうか?学校教育や朝日、NHKが、全く口にしない歴史の真実である。BBCは口が裂けても報道できないだろう。
アウンサン将軍は最後の最後で敗色濃厚な日本を裏切り、英国に寝返るが、帝国陸軍特務機関「南機関」 の鈴木敬司大佐に受けた恩義を死ぬまで忘れることはなかったと言われている。』
https://www.facebook.com/kohyu.nishimura/posts/10205744806779634
 
 
ミャンマー国防相「旧日本軍の独立支援にいつも感謝」 稲田朋美防衛相と会談
『稲田朋美防衛相は21日、ミャンマーのセイン・ウィン国防相と防衛省で会談し、中国が強引な海洋進出を続ける南シナ海での法の支配の重要性について一致した。セイン・ウィン氏は「わが国の独立の歴史において、日本と旧日本軍による軍事支援は大きな意味があった」と感謝した。稲田氏は「両国は歴史的にも大変深い絆で結ばれている」と応じた。
 セイン・ウィン氏は「アウン・サン将軍が『ビルマ独立義勇軍』(BIA)を設立し、BIAと日本軍が英国の植民地支配を打ち倒した。ミャンマーは日本兵と日本に対し、いつも感謝している」と繰り返した。』
http://www.sankei.com/politics/news/160921/plt1609210017-n1.html
 
 
 
(追記)
かずさんのコメント
『それを念頭に置いて日本の民間人は独自の外交やロビー活動を展開すべきなんですけどね。』
 
私のコメント
『安倍総理はそういう国々との関係を強化していますが、民間のロビー活動は何をやっているのか、という感じですね。』
 

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。