スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実が直視出来ない反日ヘイトスピーカー(かず)

以下は、朝日新聞の関連サイトである「WEBRONZA(ウェブロンザ)- 明日をひらく、多様な言論の広場」(http://webronza.asahi.com/)に掲載されている論文?です。
このウェブサイトはどこが多様な言論の広場なのか極めて理解に苦しむ、偏狭で差別主義丸出しのプロパガンダサイトです。
 
侵略の事実を直視しよう 戸田郁子
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015101300003.html
 
>それにしても、韓国で年間16日ある祝日のうち2日が、日本の侵略と植民地支配にまつわるというのは、かなりの頻度ではないか。
>日本に侵略された歴史を、忘れまいとするのが韓国だ。
 
日本は朝鮮半島を侵略した訳でも、植民地支配した訳でもないのですが。
歴史の事実を直視すべきなのは韓国国民であり、戸田郁子さん、あなた自身ですよ。
虚妄に固執しているうちは、韓国はいつまで経っても自立出来ませんし、日本も韓国も不幸なままで、対等な関係を築く事は出来ません。
 
>韓国に暮らして四半世紀が過ぎた。実は8月の日本の雰囲気が、どうも苦手だ。
>広島(6日)、長崎(9日)の原爆投下の日の追悼式典、そして8月15日の戦没者慰霊の式典まで、苦難の時代にたくさんの国民が犠牲になったという話が繰り返される。
>まるで日本が、戦争の被害者だったかのように。韓国人がこの様子を見たら、さぞ気分を害すに違いないと思うからだ。
>韓国人が不可解に思うのは、電車が揺れて足を踏んだくらいでもすぐに謝る日本人が、なぜ韓国を侵略して申し訳なかったとは言わないのか、ということ。理解に苦しむ韓国人は、日本人は、「羊の皮をかぶった狼」ではないかと危ぶむのだ。
 
日本は欧米列強、白人至上主義(人種差別)、広島・長崎に対する原子爆弾投下(=核攻撃)など民間人大量虐殺の被害国ですが何か?
その上、数々の汚名を着せられ、国内外で展開されている不当極まりない差別に苦しんでいる被害国ですが何か?
虚妄に固執する視野の狭い韓国人の視点に立って、日本人を差別する文章には反吐が出ます。
 
>いま、私は、近代の痕跡の色濃く残る港町・仁川に住み、90年前に日本人が建てた家を改造して、ギャラリーを営んでいる。
>ここはかつて、日本人租界と呼ばれた場所だ。 戦後70年の節目を迎えるこの8月には、「資料で見る日帝侵略史展」を開催した。過ぎた時代にあった事実を、そのまま見せること。それこそが韓国で近代史を学び、日韓の狭間に生きる私の役割だと自覚している。
 
「自覚している」ではなく「錯覚している」と記すのが適切です。
もし誤記ではないとしたら、カルト教団の信者そっくりですね。カルト教団の本場である朝鮮半島に相応しい?在住者です。
どうせなら反日レイシストを糾合して、反日帝教でも立ち上げれば良いんじゃないでしょうか。
 
因みに、この論文という名のプロパガンダ、ヘイトスピーチには英語版も存在しています。
反日ヘイトスピーチと日本に対する差別の拡散ですね。
 
Japan must squarely face its aggression in Korea(英語版/The Asahi Shimbun | AJW Asia and Japan Watch)
http://ajw.asahi.com/article/forum/security_and_territorial_issues/japan_south_korea/AJ201509280019
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。