スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の核兵器を批判しない日本のメディアと自称平和主義者(かず)

【エネルギー戦争】中韓が警戒する日本の原子力技術 エネルギーの覇権は経済、軍事で有利に
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151130/dms1511301140002-n1.htm
 
>「日本は核兵器を保有しかねない。日本の原発再稼働と使用済み核燃料再処理工場計画は、事態を悪化させる。日本には核武装論がある」
>中国の傅聡軍縮大使は10月20日、国連総会第1委員会(軍縮)でこう演説し、日本の原子力政策を批判した。
 
核兵器を保有し、何十回も核実験をしてきた核大国の「軍縮大使」が言うセリフじゃありませんね。
「中国が保有する核兵器や原子力発電所、何十回と行ってきた核実験は問題視しないのか?」「自国の軍縮に取り組むべきだ!」という当たり前の指摘や批判を、何故、日本のメディアや言論人、自称反戦平和主義者はしないのでしょうか?
 
>毎日新聞11月4日朝刊によると、IAEAが2004年、韓国・大田(テジョン)にある「韓国原子力研究所」を査察した際、日本が開発した濃縮技術の特許に関する資料を押収したという。韓国はウラン濃縮の極秘実験を行っていた。
>韓国には濃縮技術がないので、海外から原子力燃料を購入している。国産化を試みたようだが、核兵器開発に応用する野望もあったのかもしれない。
>中国とロシアは近年、国の主導で実験プラントを稼働させ、ロシアは商業運転も始めた。
 
日本のメディアや言論人、自称反戦平和主義者らは、日本の原子力発電や原子力研究だけを勝手に問題視して、集中砲火を浴びせる一方で、諸外国(特に中国と韓国)の原子力発電や核開発、原子力研究には殆ど沈黙しています。
それは一体、何故なのでしょうか?
 
>最近、気になる動きがある。日本の原子力技術者に、中国企業からのオファーがあるというのだ。現時点で、積極的に応じる人はいないようだが、日本の原子力停滞が続けば、応じる人が出てくるかもしれない。
>エネルギーは国の経済を左右するばかりか、技術面での競争も含む。最新技術を握ればエネルギーの覇権を握り、経済、軍事の双方で他国に有利になる。この厳しい現実を、どの程度の人が気づいているのだろうか。
 
残念ながら、殆どの日本国民は気付いていないと思います。
マスメディアや言論人などが垂れ流す、差別的なプロパガンダを妄信する人間が少なくないですから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。