スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別主義丸出しの自称平和主義者と権威主義者(かず)

【話の肖像画】ケント・ギルバート(1) 「無責任な自称・保守は極左のことを笑えない」
http://www.sankei.com/premium/news/151123/prm1511230008-n1.html
 
>日曜朝のTBSの報道番組「サンデーモーニング」
>湾岸戦争(平成2年)のとき、作家の瀬戸内寂聴さんが出演しました。寂聴さんが「クウェートで戦争しちゃだめだ」というから「イラクがクウェートを侵攻したのに、クウェートの人はどうすればいいんですか?」と聞いたら、彼女は「我慢すればいい。東欧の人もずっと我慢したらソ連から解放されたでしょ」っていうんですよ(笑)。
 
美名を並べて弱者に我慢を強いる一方で、京都に豪邸を所有するなど金と欲満ちた生活をされている瀬戸内寂聴さん。
中国共産党の民族浄化政策に苦しむチベットやウイグルの人達の事は無視するのでしょうか?それとも再び「我慢すればいい」と言い放つのでしょうか?
争いや貧困に苦しむ世界中の人達に積極的な支援をしないのでしょうか?
 
>僕はメディアに出る側の人間だけど、メディアに対する不満もあります。それは嘘と偏向とタブーが多いこと。大手メディアの情報だからとうのみにしたり、日本は平和だからと油断したりしている人は、この問題の深刻さに気づいていない。そういう不満や、これは絶対に違うよということを言い始めたら、世間がビックリしたみたいですね。
 
「長い物には巻かれろ」「寄らば大樹の陰」という民族性と、戦後の日本社会に蔓延する危機意識の欠如や思考停止が、相当深刻な弊害を及ぼしていますね。
 
>僕は保守といわれるけど、自分が真ん中、中道だと思っています。左でもなければ右でもない。真実を知りたいだけです。正しいファクト(事実)に基づいて判断して、結果が左なら左、右なら右で構わないんですよ。ただ、日本の左は感情論ばかりで事実の裏付けがないから支持できないだけです。
 
日本には反日レイシストやヘイトスピーカーは無数に存在しますが、現実や将来を見据え、真の弱者救済の為に、社会主義や共産主義の実現に向けた取り組みをしているまともな左翼は、全く存在しないと思います。
 
>左か右かではなく、メディアリテラシーの問題です。偽情報を確かめもせず、脊髄反射で拡散する無責任な自称「保守」は極左のことを笑えません。
 
保守か否かという下らない分類はさて置き、こういうタイプの連中は学習能力がないので、本当に性質が悪いです。
メディア批判や韓国批判をしている癖に、メディアが垂れ流す情報や真偽不明の韓国発の情報を鵜呑みにして日本政府叩きをする連中は、反日レイシストにとって上客でしょう。
 
 
【話の肖像画】ケント・ギルバート(4) 「僕を振り落とした番組…いじめですよ」
http://www.sankei.com/premium/news/151126/prm1511260002-n1.html
 
>「HOWマッチ」では、僕がニアピン賞を9本取って世界一周獲得まであと一歩になると、決まって美術の問題が出題されるんですよ。美術は僕の弱点なんです。あるとき、ポール・ゴーギャンの作品の質問が出たときに「まったく上手だと思わない」といって、すごく安い値段をつけたんです。
>司会者の大橋巨泉さんが「ゴーギャンが誰だか知ってるの?」って。知りませんよ。番組側も美術の問題を出せば、僕の答えが正解から2桁以上外れることをわかっているから、わざと出題して僕を振り落としていたんですよ。いじめですよね(笑)。
 
独自の価値判断ではなく、「有名画家が描いたものであるか否か」、「大家から評価されたものであるか否か」という権威主義的な見方で、絵画を始めとする芸術作品などの善し悪しを決定する人間や、有名作品に良い評価をしなかった人の事を非難する人間は、非常に差別的だと思います。
権威や他人の評価に重きを置く人間は、作品そのものや作者の事を軽視しています。
名も無き人物が描いた作品でも自分が気に入ればそれで良いですし、有名画家が描いた作品でも気に入らなければそれで良いと思います。感性や好き嫌いは千差万別です。
他人の評価よりも、作品を見て自分が何を感じるかというのを大切にすべきだと思います。
 
(追記)
太一さんのコメント
『大橋巨泉を見ても分かるように、日本では左翼を名乗る者ほど権威主義的だという矛盾がありますね。主に白人の権威を後ろ盾に、黄色人種である日本人を屈服させようというレイシズムが、日本の自称左翼の根本精神だと思います。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小野太一 わかやまかず

Author:小野太一 わかやまかず
当ブログはHN「太一」とHN「かず」による共同ブログです。
我々の許可なく記事を転載する事は禁止しています。

※このブログや記事の主旨を理解する気が全くない人のコメントは荒らしと見做して削除します。

当ブログでは、平和主義や弱者の味方を装いながら実際は平和を脅かす外国権力に媚び、弱者の人権を弾圧する、自称リベラル・売国権力への批判が中心ですが、保守派でも右派でもないため、保守派や右派に対しても批判をすることがありますので、保守派や右派の方はご注意ください。それは決して、当ブログが「中立」だと装う意味でもありません。全ての人間にバイアス(偏り)があり、中立な人間など存在しません。我々は、自分達がおかしいと思うものを批判するだけです。

また当ブログでは日本人の特性を痛烈に批判します。日本人批判をするとすぐに朝鮮人認定するネット住人がいますが、そうしたネット住人を社会から疎外している存在こそ、日本人の特性であり、ネット住人が日本人を手放しで称賛するのは、自分を阻害している存在を称賛するという矛盾があります。

とにかく当ブログでは、あらゆる権威や既存の価値観・分類と関係なく、自分の頭で考えて批判すべきものを批判します。読者の方々にも、「権威や既存の価値観と関係なく、自分の頭で考えること」をお勧めします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

国内ニュース ブログランキングへ

人権 ブログランキングへ

ニュース全般 ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。